うつ病を快方に向かわせるには?生活改善方法!

うつ病には普段の生活習慣が大きく関係しています。

うつ病は場合によっては投薬が必要な病気です。しかし、できることなら薬はなるべく飲まずに治療していきたいですよね!そこでまずは自分でできること、生活改善について書いていこうと思います。まずうつ病はなぜ発症するのかというと、過度のストレスなどにより、「幸せホルモン」または「幸福ホルモン」などと言われている、気持ちを安定させて幸福感を感じるための「セロトニン」という物質のコントロールがうまくできなくなることが原因と言われています。

うつ病と日の光について

幸福ホルモンであるセロトニンを分泌するためには、リラックスすることがなによりも大切です。そして日の光を浴びると脳内からセロトニンが分泌されると言われていますので、日の光をあびること、そしてホルモン分泌が活発になるように生活リズムを整えることも大切なので、なるべくは朝に起きて、朝日を浴びることも重要です。そして深呼吸をすることで副交感神経を刺激して体をリラックスさせますす。朝起きるのが辛いのならば、次の朝に部屋に日の光が入るようにして寝るといいかもしれません。

その他の生活改善方法

日光を浴びる他に、体をリラックスさせてセロトニンを増やす方法は、ゆっくりとぬるま湯の湯船に浸かることや、ハーブティーを飲むこと、温かいものを飲むことや食べることなども効果があると言われています。体を冷やすことによって体が体温を上げようとしたり、神経が緊張や興奮してしまうのでリラックスさせることがむずかしくなります。他には、食べ物では大豆製品などが良いとされています。なるべく薬を使わずに自己管理で病気を向き合うことで回復が早くなるかもしれません。ぜひ実践してみてください!

うつ病チェックの一つに気分があります。なんとなく体が重いやいきなり悲しくなるなどいつもと違うと感じたらすぐに診察を受けましょう。