切る!締める!あける!磨く!これ一台で万能DIY

DIYで挫折するのは道具選びが悪いから

長年住んでいると、いろいろと問題が出てくるのが住まいですね。特に増えすぎるモノを収納するスペースが足りなくなって、困っている方は多いもの。そんな悩みを解決するのが、自分の手で何でもやってしまうDIYです。部屋の中のデッドスペースに飾り棚を取り付けたり、一度仕舞い込んだら二度と取り出せないような納戸に棚や仕切りを取り付けたりと、自分の思い描いた理想の住まいを実現するのにDIYは力になります。何より専門職に依頼するより安く費用が上がるのがうれしいことです。初めはテクニックや知識はおぼつかなく、完成したモノは稚拙でも、苦労して一つのモノを作り上げた時の喜びは大きいものです。そんなDIYですが、すべて人の力でやろうとするのは大きな間違いです。例えば、板をノコギリで切ったり、ネジを締めることなどは、人の力では大変なものがあります。曲がって切れたり、息をふうふうさせてネジを締めたりまったくの初心者がモノ作りを始めようとして挫折するのが、こうした地道な作業です。ここを通り越して初めてモノが完成するのですから、逃げる訳にはいきません。そんな労力を減らして、ラクをさせてくれる道具が電動工具なんですね。

電動工具にはどのようなものがあるの?

電動工具ってどういう種類があるの?と思う方は一度、ホームセンターを覗いてみるといいでしょう。最近のホームセンターはDIYコーナーの製品が売れ筋と言っていい位に人気があり、陳列棚には様々な電動工具が並んでいます。代表的な電動工具として、板を切断する電動丸ノコ、ネジやビスを締め付けるインパクトドライバー、穴をあけるドライバードリル、板を平らに削る電動カンナ、曲線切りを可能にするジグソーなどがあります。かっては専門職の大工や工員が使っていたような電動工具が、素人や力のない女性でも取り扱いし易いように、小型軽量化されているのが最近の傾向です。電動工具と言うとかなりの騒音というイメージがありますが、静粛性の高い製品も増えてきています。ホームセンターなどでは、レンタルで電動工具を貸し出していたりするので、まずは購入前にレンタルしてみて実際の使い勝手を試してみるのがいいでしょう。

まずは最初に持ちたい電動工具は?

パワフルでスピーディー、正確性の高い仕事をしてくれるのが電動工具であり、だからこそDIY初心者でも完成度の高い作品が作ることが可能な訳です。とは言っても、電動工具はそれなりの価格はするので、一遍にいくつもの種類を購入するのはお財布にも大変ですよね。初心者の方にお勧めなのが電動ドライバーがまずあります。ネジの締め付けや穴あけ、ヤスリのアタッチメントを取り付ければ、細かい所の研磨なども可能です。電動ドライバーにはコンセントから電源を取るコード式と、コードがない充電式乾電池のものの2種類ありますが、お勧めなのは充電式の方です。これはコンセントがない場所でも使え、どこにでも持って行けるのでとても便利です。女性でも使い易い手の平サイズのハンディータイプもあります。壁に棚をビスで固定する時や、組立家具などを組み上げる時など、電動ドライバーで苦労なくサッと取り付ければ、日曜のお父さんの株も上がるというものです。

満足できる価格で電動工具の買取を依頼したいなら、通信販売を行っているサイトがおすすめです。全国のサイトを比較することができるからです。